IR基本方針

医療という事業領域で、人々の生命や健康に深く携わる企業として、透明性を確保することは、経営の重要課題との認識に立ち、株主・投資家をはじめとするステークホルダーにとって、正確で分かりやすく、有用性の高い情報の適時提供に継続的に取り組みます。適切な情報開示と対話を通じてステークホルダーと公正・公平で良好な関係を構築し、中長期的な企業価値の向上に取り組みます。

適切な情報開示と透明性の確保

当社は、株主・投資家に対して当社に対する理解を促進し、適正な評価に資するため、金融商品取引法および当社が上場する証券取引所の定める適時開示規則に沿って、適時かつ公平な企業情報の開示に努めます。また適時開示規則に該当しない情報につきましても、当社への理解促進や投資判断に有用と判断される情報は、適時開示規則の主旨を踏まえ、適切な方法により積極的に開示します。

株主および投資家との対話

当社は株主・投資家との建設的な対話を促進し、企業価値の向上につなげていきます。具体的には、決算説明会、個人投資家向け説明会、スモールミーティングや個別面談等、対話機会の充実を図ります。建設的な対話を目指し、以下の体制で取り組みます。

① IR担当取締役は代表取締役とします。

② IR担当部署は社長室とし、経営会議や日常的な業務を通じて、関連部署と連携し、有意義な対話をサポートします。

③ 決算説明会や投資家説明会では可能な限り、代表取締役社長が説明を行います。

④ IR活動により得られた株主からの意見や懸念等については、都度、経営陣に報告するとともに、経営会議や取締役会においても共有します。

情報管理の徹底

情報開示や対話にあたっては、インサイダー取引防止規程に基づき、未公表情報の管理を徹底して行います。内部情報の管理やインサイダー取引防止についての社員教育を定期的に実施しております。また、情報提供の公平性を確保するため、通期決算、四半期決算の発表予定日前の3週間を「IR自粛期間」と定め、当該決算情報に関してのコメントや質問への回答を差し控えることとしています。