沿革

身体にやさしい低侵襲医療の普及に取り組む2社が統合。
今後もグループ企業を増やし、新たな成長ステージに向かっていきます。

設立経緯

2013年4月1日、医療機器商社 株式会社ウイン・インターナショナルとテスコ株式会社が経営統合し、持株会社ウイン・パートナーズ株式会社が設立されました。

設立経緯

沿革

  2013年4月     ウイン・パートナーズ株式会社を設立、JASDAQ(スタンダード)に新規上場
       *子会社ウイン・インターナショナルが上場廃止となり、親会社の当社がテクニカル上場
  2014年4月    株式会社ウイン・インターナショナルの福島営業所をテスコ株式会社の郡山営業所に統合
  2014年5月    ウイン・パートナーズ株式会社が市場変更し、東京証券取引所 市場第二部に上場
  2014年9月    ウイン・パートナーズ株式会社が、東京証券取引所 市場第一部に上場
     テスコ株式会社の本社を移転(仙台市青葉区木町⇒仙台市泉区大沢)
  2017年10月    テスコ株式会社が株式会社大沢商事(2017年11月1日付でテスコ秋田販売株式会社に社名
       変更)を子会社化